書評

『養老先生、病院へ行く』養老孟司、中川恵一・著

 入院の顛末から死生観も紹介

 解剖学者の養老先生が昨年、26年ぶりに東大病院を受診したら心筋梗塞が判明した。本書は、緊急入院・治療の顛末(てんまつ)や死生観、医療との関わり方などを主治医との対談形式で紹介している。

 病院嫌いを公言してきた養老先生だが、現代医療を否定しているわけではない。

 病院を受診したのは体調が悪くてどうしようもなかったからで、健康診断などでのデータをうのみにするのでなく、身体の声を聞こえるようにしておくことの大切さを説く。

 昨年12月に18歳で死んだ愛猫・まるの写真がちりばめられているのもうれしい。(エクスナレッジ、1540円)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus