ヘルスケア

1型糖尿病、患者9人の訴えのうち1人の障害年金停止は「違法」 大阪地裁

 血糖値を下げるインスリンが、生活習慣の乱れとは無関係に分泌されなくなる「1型糖尿病」の患者9人が、病状が改善していないのに障害基礎年金の支給を停止したのは不当として、国に処分の取り消しを求めた訴訟の判決が17日、大阪地裁であり、森鍵(もりかぎ)一裁判長は患者1人について支給停止は違法だとして処分取り消しを命じた。残りの8人の訴えは棄却した。

 9人は平成12~26年に障害等級2級に認定され年金を受給していたが、うち8人は28年に詳細な理由が示されないまま、年金の支給対象外となる3級に等級が変更された。9人は支給再開を求めて大阪地裁に提訴し、地裁は31年4月、明確な支給停止の理由を示さなかった国の手続きを違法と判断し、支給停止処分を取り消した。

 しかし、国は判決から1カ月後に9人の障害等級は3級が妥当だと再び判断し、改めて支給停止を通知した。等級変更の是非は訴訟の迅速化のため争点から外されており、改めて理由を示せば、不支給の継続が可能と解釈する余地が残っていたためで、支給停止の再通知を受けた9人は地裁に再び提訴。障害等級が2級に該当するか否かや、支給停止処分の違法性などが争われていた。

 過食など生活習慣の乱れが一因の2型糖尿病と異なり、1型は何らかの理由で膵臓(すいぞう)の細胞が破壊されたために起きる。国内の患者数は推計11万人超。根治は見込めず、インスリン投与が生涯欠かせない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus