ヘルスケア

拒絶反応起こさずがん攻撃 京大チーム、遺伝子改変iPS免疫細胞

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)に遺伝子改変を加え、細胞の提供者から見て他人に当たる患者に移植しても拒絶反応を起こさずにがんを攻撃できる免疫細胞を作製したと、京都大の金子新教授(免疫再生治療学)らのチームが18日、英科学誌ネイチャーの生体医工学専門姉妹誌に発表した。

 体内の異物を排除する免疫細胞の一種「T細胞」を血液がん患者から採取し、遺伝子を改変してがんへの攻撃力を高め、体に戻す「がん免疫細胞療法」が実用化されている。だが患者ごとに細胞を作るため3000万円超と高額なのが課題だった。

 今回の成果は、ほぼ無限に増やせるiPS細胞から治療用のT細胞を大量に作り、多くの患者に投与する方法に道を開くもの。治療費の低減に結び付くと期待される。

 チームは人間のiPS細胞の遺伝子をゲノム編集技術で改変し、移植先の体の免疫から「敵」と識別される際の目印タンパク質を作れなくした。

 このiPS細胞をT細胞に変化させ、がんへの攻撃力を高めた上で、人間の血液がんを再現したマウスに3回投与。すると、最初の投与から9日後に2回目の投与をした時点で、がん細胞の量は目印タンパク質を削除せずに作ったT細胞を投与した場合に比べて約9分の1になった。10日後以降は、がんがほとんど検出されなくなった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus