ヘルスケア

ワクチン接種医療機関に協力金 東京都、一般会計4243億円の補正予算案

 小池百合子東京都知事は17日、6月都議会定例会に提出する新型コロナウイルスのワクチン接種を担う地域診療所への支援策などを盛り込んだ一般会計総額4243億円の令和3年度補正予算案を発表した。小池氏は「ワクチン接種を加速させるための手立てとしたい」と述べた。

 地域のクリニックなどが通常診療を休診し、ワクチン接種に専念する際の協力金として58億円を計上。1医療機関が1日60回接種する場合、17万5千円の支給を見込み、対象は約4千施設を想定する。

 このほか、緊急事態宣言に伴う休業要請に応じた事業者への協力金として730億円。売り上げが減少した中小事業者などに対し、国の支援に上乗せする形で給付金を支給する事業に202億円を盛り込んだ。

 財源としては、国庫支出金3621億円のほか、財政調整基金を610億円取り崩す。財政調整基金は令和元年度末時点で9345億円あったが、3年度末見込みで223億円まで減少する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus