ヘルスケア

厚労省がモデルナ5000万回追加契約 来年にも輸入、変異株対応も

 厚生労働省は20日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、5千万回分を追加供給することで同社と武田薬品工業との間で契約したと発表した。早ければ来年初めから輸入する。今年分と合わせて計1億回分となる。

 武田薬品は、モデルナによる開発が成功して製造販売の承認が得られれば「変異株に対応するワクチンや追加接種に用いるワクチンを日本へ供給する可能性も含まれている」としている。

 日本政府は既にモデルナ製ワクチンについて、今年中に5千万回分の供給を受けることで契約を締結している。日本国内での販売や流通は武田薬品が担う。

 また、武田薬品との間では、米バイオテクノロジー企業ノババックスのワクチンについても、来年初頭から1億5千万回分の供給を受けることを前提に協議を進めている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus