ライフ

前回東京大会でリモート観戦“先駆け”も 作家たちの五輪作品 (1/2ページ)

 新型コロナウイルス禍を受けた緊急事態宣言下で、23日に開幕した東京五輪。前回昭和39年の東京大会では、三島由紀夫や獅子文六といった文豪がこぞって観戦記やエッセーを手がけた。五輪に材を取った小説も、浅田次郎さんや小川洋子さんら第一線の作家によって今も紡がれている。コンパクトな文庫で触れられる五輪物のアンソロジー(作品集)を読むと、文章による描写の高い再現力、さらには五輪という一大イベントの多面性がよく分かる。

 那須に籠もってテレビ観戦

 〈これだけ多数の群衆を見ると、オリンピックを冷眼視した日本インテリも、理屈も何もなくなってくるだろう。まあ何でもいい。始めたからには、成功させなければならない〉

 これは、前回東京大会を活写した文学者のルポルタージュ集『東京オリンピック 文学者の見た世紀の祭典』(講談社編、講談社文芸文庫)に収められた、獅子文六による開会式観戦記の一節だ。まだ時期尚早、たかがスポーツ、急ピッチで進んだ開発の余波…。現在、コロナ禍での五輪開催への反対論もくすぶるが、前回大会前にも強い批判が渦巻いていたことが改めてうかがえる。そんな五輪に向ける個々人の熱量、スタンスの違いもまた面白い。

 数々の名翻訳で知られる英文学者、中野好夫にいたっては、狂騒から逃れるために東京を離れ、那須にこもってテレビ観戦を決め込んでいる。〈すべてスポーツは大好きだが、その周辺はきらいなことばかりである。(略)どこか遠い外国ででも行われているような錯覚まで起って、なんといってもこれは楽しい〉

 「オリンピック逃避行」なる異色の随想は、多くが無観客で行われる今回の五輪を先取りする“リモート観戦記”といっていい。

 「黒い小山がムラムラと」

 競技の模様を伝える文章では、文学者らしい観察眼と描写力が目を引く。例えば、「第三の新人」の代表格である安岡章太郎が陸上の男子100メートル決勝について書いた「不動の美しさ」。双眼鏡越しに見たレースの光景を〈(優勝した米国選手)ヘイズのダッシュはむしろ意外にユックリと、まるで黒い小山がムラムラと動き出すような感じであった。しかし一瞬後には、彼のからだはビックリするほど大きくなり、風をはらむようにして、目の前に迫ってきた〉と活写し、ゴール後の拍手と喚声の嵐を書き添えている。映像が鮮やかに目に浮かぶような文章が連なる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus