教育・子育て

児童虐待、最多更新の20万件超で 新型コロナ影響か

 全国の児童相談所が令和2年度に児童虐待として対応した件数が20万5029件(速報値)に上ったことが27日、厚生労働省のまとめで分かった。平成2年度の統計開始以来30年連続で最多を更新し初めて20万件を超えた。前年度からの増加は1万1249件(5・8%増)。増加幅は近年2割増程度だったが縮小した。新型コロナウイルス禍の影響も懸念されるが、厚労省は「現時点で感染拡大との間に明確な関連性は見られない」とした上で、引き続き注視する方針。

 近年の児童虐待対応件数の増加は、連携を強めた警察からの通告が増えたのが要因とみられ、今年もその傾向が続いた。専門家からはコロナ禍で家庭環境が変化し虐待のリスクが上がる一方で、支援も届きにくくなり「虐待の潜在化」が起きているとの指摘も出ている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus