異例…2隻目の米原子力空母を展開 圧倒的な戦力、中国に強いプレッシャー (4/6ページ)

2016.4.2 17:12

  • 2月25日、フィリピン海(フィリピン東方海域)を進む米原子力空母ジョン・C・ステニス(米海軍HPより)
  • 3月4日、南シナ海に展開する米原子力空母ジョン・C/ステニス。飛行甲板にF/A-18スーパーホーネットなどの艦載機が並べられている(米海軍HPより)
  • 3月4日、南シナ海に展開したジョン・C・ステニス上で発艦準備を進める艦上戦闘攻撃機F/A-18Eスーパーホーネット(米海軍HPより)
  • 2月23日、フィリピン海(フィリピン東方海域)に展開したジョン・C・ステニスから発艦するF/Aー18スーパーホーネット(米海軍HPより)
  • 3月10日、東シナ海を進む原子力空母ジョン・C・ステニス。奥に見えるのは海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」(米海軍HPより)
  • 3月24日、米韓合同軍事演習のため韓国近海に展開したジョン・C・ステニス(右下)と米軍艦艇(米海軍HPより)


 1940年代後半には、空軍の長距離ジェット爆撃機B-36を量産するか、海軍の空母「ユナイテッドステーツ級」を建造するかの予算措置を巡って政府・空軍と海軍が対立。最終的には「太平洋戦争の勝利は海軍の空母によるものだ」などと空母建造を強硬に主張した海軍幹部が複数処分(解任)された。後に「提督たちの反乱」と呼ばれるこの事件では、結局、空母建造計画が葬られた。

 空母の復権

 しかし朝鮮戦争(1950-53)で、こうした考え方に変化が生じた。

 朝鮮戦争前の米国では、次に起こる戦争は西側諸国と東側諸国が互いに核兵器を使う第三次世界大戦だと考えられ、核戦力の強化が急務とされた。

 ところが朝鮮戦争の勃発で「この戦争を第三次世界大戦につなげてはならない」という現実的な方向に転換した。北朝鮮軍に代わって戦う中国軍に対し核兵器を使うべきだと主張したダグラス・マッカーサー元帥は解任され、後任のマシュー・リッジウエイ将軍と大統領のハリー・トルーマンは戦争を朝鮮半島より外に広げない「限定戦争」とする。これにより核兵器以外の、空母や戦闘攻撃機など通常兵器の重要性が見直されることとなった。

その後、ベトナム戦争では米海軍空母がトンキン湾に常駐し…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。