豪潜水艦、強気の仏が独抑え受注 アピール力の差は歴然 (3/4ページ)

2016.5.7 07:05

 フランスは防衛委員会を通して武器輸出契約を承認するが、同委員会はしばしば、国防相をはじめとして契約を支持・推進する立場のメンバーで構成される。

 SIPRI武器取引部門のシニアリサーチャーのピーター・ウェゼマン氏によると、「フランスでは、市民社会においても議会においても、武器輸出が重要な懸念事項にならない。そのためフランスはそれほど厳しい制限を課さない。一般国民は、防衛産業の発展と雇用にプラスになるとして武器輸出を前向きにとらえている。ドイツはこの逆だ」と述べた。

 ドイツの対応で不利益をこうむった企業の例がエアバスだ。エアバスの防衛部門は12年、サウジアラビア向けの武装車両の標的システムのサプライヤーに選定されたが、なかなか承認が下りなかったため、選定サプライヤーから外され、6億ユーロの注文が失われた。エアバスはまた、フランスで製造するヘリコプターをウズベキスタンに納入するときにも遅れに見舞われた。遅延の理由はドイツが、光学システムに必要なスリップリングをエアバスに販売することを許可しなかったためだ。エアバスのエンダース最高経営責任者(CEO)はドイツ政府の対応を「奇怪」だと批判した。

フランスとドイツの違いはその他の案件でも明らかだ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。