東京都知事選 10代有権者が感じたこと「人間性が重要」「悪口や揚げ足取り多い」  (1/2ページ)

2016.8.1 07:04

選挙事務所でマイクを手に挨拶をする小池百合子氏=31日夜、東京都豊島区(早坂洋祐撮影)
選挙事務所でマイクを手に挨拶をする小池百合子氏=31日夜、東京都豊島区(早坂洋祐撮影)【拡大】

  • 選挙事務所で支援者から花束を受け取り笑顔を見せる小池百合子氏=31日夜、東京都豊島区(早坂洋祐撮影)

 「18歳選挙権」導入後、初めて行われた東京都知事選。都内の10代の有権者は、どのように感じ、何を思ったか。

 「都政に関心が向いたことは結果的に良かったけど、舛添要一前知事の辞任あたりから、情報番組が面白おかしく取り上げ過ぎた」。政治とカネの問題で舛添前知事が辞めて実施された今回の選挙。世田谷区の大学2年、木村輝さん(19)は選挙戦を振り返り、こう指摘する。

 一方、世田谷区の高校3年、荒木甚(じん)さん(18)は「舛添前知事の問題を見て、第一に人間性が重要と思った」と強調。練馬区の高校3年、小田直輝さん(18)は「候補者同士の悪口の言い合いや揚げ足取りが多いように思う。政策の比較など、もっと有権者が候補者の主張を理解しやすいような選挙がいい」と訴えた。

 投票先には頭を悩ませたようだ。杉並区の大学1年、大浦美里さん(19)は「街頭演説を立ち止まって聞くことがない。一番見るメディアはテレビなので、バイトが終わる時間帯に選挙関連の番組を流すなどしてほしい」。

目黒区の大学1年、村田理紗さん(19)は…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。