「抑止力逓減実験」を行なうつもりか? 米軍が沖縄を出ていけば中国に侵略促す (6/6ページ)

2016.8.7 17:02

住宅に囲まれた普天間飛行場に並ぶオスプレイ。移転は急務だ=沖縄県宜野湾市
住宅に囲まれた普天間飛行場に並ぶオスプレイ。移転は急務だ=沖縄県宜野湾市【拡大】

  • 政府・沖縄県協議会を前に握手する菅義偉官房長官(右側奥から2人目)と沖縄県の翁長雄志知事=7月21日、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 中国人民解放軍が南西諸島を突破すれば、あとは阪神~中京~京浜(首都圏)の産業集積地にまっしぐら。自衛隊にとっては絶対防衛線である。

 米軍にも、朝鮮半島や台湾での有事を筆頭に、アジア各地で起こる大災害・紛争に備えられる前線基地。大半が、日本への飛び火が不可避な甚大な事態ばかりだ。

 米中衝突ともなれば、中国人民解放軍としては、米空母打撃群をできる限り遠方で迎撃すべく南西諸島を越え、西太平洋に進出したいところ。長距離核ミサイルを搭載し、米国本土を狙う戦略原子力潜水艦の潜伏する南シナ海を「聖海」に保つためにも、南西諸島は絶対防衛線だ。

 翁長知事は今一度、態度の豹変を

 真っ先に標的と化す沖縄県民を始め日本国民にとり、南西諸島は最重要の生命線だと断言して差しつかえあるまい。南シナ海のほぼ全域が「中国の海」とする主張が7月12日、仲裁裁判所で否定されると、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は社説で凄みを利かせた。 

 《中国の軍事力は、立ち上がる必要があるときには沈黙しない》

 翁長知事は中国の恫喝を噛み締めて、今一度、米軍基地問題に柔軟に取り組んでいただきたい。移設推進派であった翁長知事の“プライド”をもってすれば、できますとも。もう一度、態度を豹変させればいいだけです。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。