【マネー講座】《NISAを学ぶ》(2)〈一般NISA〉年120万円まで投資できる (3/4ページ)

 例えば、非課税枠の上限いっぱいの120万円分の投資を5年間続けた場合は、5年目には累計で(購入金額で)600万円分の株式投資信託が積み上がることになるのです。

 数百万円を株式や株式投資信託に投資できる人は、一度、一般NISAの口座で購入した株式や株式投資信託は(相場における売り時の問題はあるものの)なるべく長く持ち続けるようにした方が税制上は有利と考えられます。

 このように、一般NISAは株式や株式投資信託をなるべく長く保有するよう促す制度になっています。

非課税の5年間が終わったら

 NISA口座内で購入した株式や株式投資信託を5年目の年末まで持ち続けた場合、その株式や株式投資信託は他の口座に払い出すか、もしくは「ロールオーバー」をするかを選択することになります。

 他の口座に払い出した場合、その株式や株式投資信託は払い出した時点での時価で売って再購入したのと同じ扱いになります。

 例えば、NISA口座で100万円で購入したC社株式が5年目の年末に150万円になっていたとしたら、いったんC社株式を150万円で売ったものとみなし、買値との差額の50万円は非課税となります。その上で、再度C社株式を150万円で購入したものとみなされますので、その後、C社株式を150万円より高い金額で売った場合には、150万円との差額について約2割の税金がかかります。

個別株投資に興味がある人におすすめ