【マネー講座】《NISAを学ぶ》(2)〈一般NISA〉年120万円まで投資できる (4/4ページ)

 「ロールオーバー」は一般NISAの口座において株式や株式投資信託を持てる期間を延長する手続きのことです。たとえば、18年に購入する株式や株式投資信託は5年目の22年の年末まで一般NISAの口座で持ち続けることができますが、「ロールオーバー」の手続きを行えば、もう5年間、一般NISAの口座で持ち続けることができます。ただし、ロールオーバーする株式や株式投資信託の2022年末の時価の分だけ、23年分の非課税枠を使ってしまいます。22年末の時価が120万円を超えていてもロールオーバーは認められますが、23年の非課税枠は使い尽くしたものとみなされ、その後、一般NISAの口座で株式や株式投資信託を買い付けることはできなくなります。

個別株投資に興味ある人、年40万円超投資できる人は「一般NISA」を

 20歳以上の人が使えるNISAは「一般NISA」のほかにも「つみたてNISA」があり、どちらを使うかは選択制です。個別の株式への投資に興味がある人や年40万円を超える金額の投資ができる人は「一般NISA」の利用をおすすめします。

他方で、これまで一度も株式や株式投資信託を購入したことがない人や、投資できる金額が年40万円以内に留まる人は「つみたてNISA」の利用をおすすめします。「つみたてNISA」については次回解説します。

(※マネー講座は随時更新。次回も「NISAを学ぶ」をテーマに掲載します)

【プロフィル】是枝俊悟(これえだ・しゅんご)

是枝俊悟(これえだ・しゅんご)大和総研金融調査部研究員
2008年大和総研入社。証券税制を中心に、税・社会保障制度等の分析を行う。著書に、『NISA、DCから一括贈与まで 税制優遇商品の選び方・すすめ方』(2016年、近代セールス社)など。

大和総研ホームページ