【マネー講座】《「もらう」相続》(4)〈事前の対策〉相続を“争族”にしないために (4/4ページ)

 ・本人や兄弟など親族が事業をしている場合、借入金の連帯保証人になっていないか?

個人的に用立てているお金はないか?

 ・葬儀の生前予約などをしていないか?

財産を遺す人の判断能力がしっかりしているうちに、どの財産をだれに引き継いでもらうのか、相続人が納得する内容で遺言書を書いてもらいましょう。

 4回にわたって相続について説明してきました。相続を巡る事情は家族ごとにすべて異なりますから、当然ながら全部を説明しつくすことはできません。でも、財産を遺す世代と受ける世代がきちんと連携しないとスムーズに財産を引き継ぐことはできない、という点は共通です。

 財産の中にはもらって嬉しい財産ばかりではなく、欲しくない財産も少なからず含まれます。ぜひとも財産を遺す人が元気なうちに協力して準備をすすめ、末永く仲の良い幸せな家族であり続けていただきたいと願っています。(おわり)

【プロフィル】折原和仁(おりはら・かずひと)

折原和仁(おりはら・かずひと)りそな銀行信託ビジネス部信託管理室
アドバイザー
1961年、東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。1983年、りそな銀行に入社。ロンドン、ニューヨーク勤務などを経て、2003年から遺言信託業務に就く。2007年から全店の遺言信託案件を審査する最終責任者として現在に至る。1級ファイナンシャル・プランニング技能士(CFP)、日本証券アナリスト協会検定委員(CIIA)。著書に『円満相続への道』(主婦の友社)。

りそな銀行ホームページ

▼マネー講座のアーカイブはこちら