株価・外為

NY株小反発、3ドル高 米景気回復に期待

 27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅反発し、前日比3・36ドル高の3万3984・93ドルで取引を終えた。米景気回復への期待を背景に買いがやや優勢となった。

 4月の消費者信頼感指数が昨年2月以来、1年2カ月ぶりの高水準となったことが相場を支えた。IT大手決算など投資家が注目する発表を控えており、様子見姿勢も強かった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反落し、48・56ポイント安の1万4090・22。

 個別銘柄では、ファストフードのマクドナルドや石油のシェブロンが上昇した。化学・事務用品の3M(スリーエム)は下げが目立った。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus