株価・外為

東京株、小幅反落で始まる 緊急事態宣言延長が重荷

 7日午前の東京株式市場の日経平均株価は前日終値比92銭安の2万9330円45銭と小幅に反落して取り引きが始まった。前日6日のニューヨーク市場でダウ工業株30種平均が過去最高値を2日連続で更新して取引を終えた流れが相場を下支えしているが、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の期限延長と対象地域の追加が重荷となっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus