海外情勢

変異株にはブースター接種 モデルナ製、第2相試験で抗体強化

 米製薬大手モデルナは5日、同社製の新型コロナウイルスワクチン接種を受けた人の免疫力をさらに高めるためブースター(追加免疫)接種を実施したところ、南アフリカとブラジルで出現した変異株への抗体が強化されたことが、第2相試験の初期段階で示されたと発表した。

 ブラジルで猛威を振るっている「P.1」と南アで広がっている「B.1.351」と呼ばれる変異株に対し、2種類のブースターが抗体の水準を高めたことが分かったという。一つは低用量の既存ワクチンを追加接種するもので、もう一つは南ア型の変異株に対応するようカスタマイズされたもの。

 同試験では「mRNA-1273.351」と呼ばれるカスタマイズされたブースターが、南アで広がっている変異株に対し最も高い水準の抗体を生み出した。

 モデルナやファイザーなどのワクチンメーカーは、新たな変異株に対するブースターの開発を急いでいる。

 ブースターが実際に必要になるのか、それがいつごろになるのか、誰を対象とするかなどは不明だが、各メーカーはウイルスが変異し続け、定期的なブースター接種が必要となるシナリオに備えている。(ブルームバーグ Robert Langreth)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus