国内

立民・蓮舫代表代行、五輪開催「スポーツの祭典だけ変わらないでいいのか」

 立憲民主党の蓮舫代表代行は12日の記者会見で、夏の東京五輪・パラリンピック開催は難しいとの認識を改めて示した。新型コロナウイルスの感染拡大により「世界が1年数カ月前とは変わった」と強調。「人々の行動、学校の運営、仕事のやり方などみんなが変わっている中、大きなスポーツの祭典だけが全く変わらないでいいのか」と述べた。

 また、丸川珠代五輪相が11日の記者会見で開催の意義について「コロナ禍で分断された人々の間に絆を取り戻す」と述べたことに言及し、「担当大臣が『絆』と、何を情緒的なことを言っているのかわからないが、そのレベルではない」と皮肉った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus