国内

二階氏、韓国情報機関トップと電話会談 日韓関係改善に向け努力で一致

 自民党の二階俊博幹事長は12日、韓国国家情報院の朴智元(パク・チウォン)院長と約30分間、電話で会談し、いわゆる徴用工問題などで冷え込む日韓関係の改善に向けて努力していくことで一致した。

 同席者によると、二階氏は「日韓には難しい問題はあるが、それを乗り越えて新たな時代を切り開くために頑張っていこう」と呼びかけた。朴氏は「同感だ」と応じ、東京五輪・パラリンピックの開催と次期衆院選について「応援している」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus