海外情勢

NY株、一時600ドル超安 高値警戒感、IT下落

 11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落して始まり、前日からの下げ幅が一時600ドルを超えた。前日に一時3万5000ドルの節目を突破し、高値への警戒感が強まったため、売りが優勢となった。

 米景気回復の加速に伴うインフレへの懸念が根強いことも、投資家のリスク回避姿勢につながっている。午前10時現在は前日比259・99ドル安の3万4482・83ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は155・34ポイント安の1万3246・52。

 ITのアップルやマイクロソフトの下げが目立った。金融や旅行といった景気動向に敏感とされる株も売られた。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus