海外情勢

中国100都市の4月新築住宅価格0.23%上昇

中国新聞

 中国指数研究院によると、中国100都市の4月の新築住宅1平方メートル当たり平均価格は前月比0.23%上昇の1万5952元(約27万円)で、上昇幅は前月から0.03ポイント拡大した。77都市で上昇、20都市で下落、3都市が横ばいとなった。前年同月比では4.05%上昇した。繁忙期に入る4月の発売戸数は今年に入り最も高い水準だが、陝西省西安、上海の2都市で好調なほかは多くの都市で販売数が伸びず、価格上昇率が上位だった広東省広州市は不動産規制の強化によって市場の活気がやや衰えた。安徽省合肥、浙江省杭州、同省寧波、広東省東莞の各都市でも規制が強化された。規制により住宅市場の活気は1線都市(超大都市)から都市群の中の2、3線都市(大・中規模都市)に移り、江蘇省常州、西安、広東省仏山の各都市は、前月比上昇率が1%以上となっている。(中国新聞社)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus