海外情勢

中国人口伸び鈍化14.1億人 20年調査、成長モデル転換必要に

 中国国家統計局は11日、2020年時点の総人口が約14億1200万人だったと発表した。同年実施した国勢調査に基づくもので、10年の前回調査から5.38%増えたとしている。過去10年の人口増加率は年平均0.53%で、1953年以来の低水準にとどまった。高齢化とともに都市化も進み、世界2位の経済大国で人口動態が変わりつつある。

 政府は20年までに人口が14億2000万人に増え、30年に14億5000万人で頭打ちになると17年に予測していた。20年時点の総人口のうち51.24%が男性で、女性は48.76%。20年の新生児は1200万人。19年は1465万人だった。昨年の出生率は1.3と、先の目標(1.8)に届かなかった。

 生産年齢人口(15~59歳)の割合は総人口の63.4%と、10年の70%超から低下。60歳以上の割合は18.7%と、13.3%から上昇した。

 ブルームバーグ・エコノミクスの中国担当エコノミスト、エリック・チュウ氏は「20年の国勢調査データは19年版の国連世界人口予測が想定した低い出生変数に近い人口軌道を示唆している。このシナリオでは中国の人口減少が25年より前に始まる」と指摘。その上で「人口、特に生産年齢人口の減速が早まれば、出産奨励や退職年齢引き上げ、戸口(戸籍)制度改革を通じた労働移動の改善といった政策上の取り組みが一段と急がれる」との見方を示した。

 中国政府は、人口減少に伴い経済成長が減速するのを回避するため、幅広い産業分野で質を高めるための官民による高水準の投資を維持する一方、高齢者への支出を増やし、成長モデル維持の思い切った転換に着手することを求められそうだ。(Bloomberg News)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus