国内

みずほ、石炭火力融資ゼロ前倒し

 みずほフィナンシャルグループは13日、二酸化炭素(CO2)の排出量が多い石炭火力発電所向けの融資残高を2040年度までにゼロにすると発表した。昨年4月に「50年度まで」とする目標を発表していたが、世界的に脱炭素の動きが進んでいることを踏まえて前倒しする。石炭採掘への融資方針も見直し、主に発電用燃料として使う「一般炭」の新規の炭鉱採掘は対象外にすることにした。三菱UFJフィナンシャル・グループや三井住友フィナンシャルグループも今年4月以降、相次いで石炭火力発電所への融資方針の厳格化を発表している。

  

 

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus