国内

コロナで打撃の酒類卸業者に金融支援検討 首相が言及

 菅義偉首相は14日、官邸で全国酒類業務用卸連合会の幹部らと面会し、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言に伴い、酒類を提供する飲食店に対する休業要請などで影響を受ける業者に対し、金融支援を行う考えを示した。面会後、連合会幹部が記者団に明らかにした。

 首相と面会したのは連合会の榎本一二会長ら。新浪剛史サントリーホールディングス社長も同席した。榎本氏らが売り上げ減が続く業界の状況を説明したうえで、資本性資金の融資や返済猶予などを求めたのに対し、首相は「支援を検討する」と述べたという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus