国内

肌着大手2社決算減収、ワコールHDは上場以来初の営業赤字

 肌着メーカー大手2社の令和3年3月期連結決算が14日、出そろった。緊急事態宣言に伴う店舗の休業や外出自粛の影響でワコールホールディングス(HD)、グンゼとも減収。ワコールHDは欧州事業の不振も響き、通期では初となる11億円の営業赤字(前期は66億円の黒字)となった。

 ワコールHDは売上高が前期比18・5%減の1522億円。営業損益は赤字だったものの、有価証券評価益を103億円計上したため最終利益は70億円とほぼ倍増した。

 グンゼは売上高が11・9%減の1236億円、最終利益は51・1%減の21億円だった。

 EC(電子商取引)は大きく伸びたが、休業や時短営業が続く百貨店に販路がある下着や靴下が苦戦し、全体の下支えにはならなかった。グンゼは巣ごもり需要でスーパーの食品などに使われる包装用フィルムは好調だった。

 4年3月期の通期連結業績は、ワコールHDが売上高で20・9%増の1840億円、最終利益が21・7%減の55億円と予想。グンゼは収益性の高いプラスチック事業などを強化し、売上高で1350億円と前期実績からは9・2%増、最終利益は56億円と回復を見込む。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus