海外情勢

ワクチン接種完了すればマスク、距離は不要 米国

 米疾病対策センター(CDC)は13日、新型コロナウイルスワクチンの接種完了から2週間以上たった人は、マスク着用や対人距離の確保は原則不要とする新たな行動の指針を発表した。米国ではワクチン接種が進み、新規感染者や死者の減少傾向が続いており、社会の正常化に向けてさらに前進した。

 CDCは最近の研究から、接種完了から2週間以上経た人が新型コロナに感染したり、人にうつしたりする可能性は低いと評価。米国で実用化されたワクチンは主な変異株にも効果があり、マスク着用などは基本的に必要ないと判断した。

 ただ、新たな指針は接種完了から2週間以上経ても飛行機や鉄道など公共交通機関を利用する場合や、連邦政府や州などの規則がある場合にはマスク着用を求めている。

 米国では2回接種が必要なファイザー、モデルナ、1回で済むジョンソン・エンド・ジョンソンの3種類のワクチンが実用化された。CDCによると、12日時点で必要な回数の接種を終えた人は人口の35%に当たる約1億1760万人。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus