海外情勢

テスラがビットコイン利用の車購入停止 マスク氏、環境問題を懸念

 米電気自動車(EV)大手テスラのマスク最高経営責任者(CEO)は12日、暗号資産ビットコインを利用した車購入を停止すると発表した。これを受け、ビットコインは13日のアジアでの取引で一時15%の急落となり、5万ドルを割り込んだ。

 同氏はツイッターで、ビットコインを生み出す「マイニング(採掘)と取引で化石燃料の消費が急激に増える」との懸念を理由に挙げた。また、保有するビットコインをテスラが売却しない方針も示した。

 ビットコインは4万6000ドル近くに下落した後、5万980ドルまで持ち直した。一部の仮想通貨交換業者が売り注文殺到で一時的に機能停止状態に陥る場面もあった。

 テスラは2月、ビットコイン15億ドル(約1650億円)相当の購入と、車両代金の支払い手段として受け入れる計画を公表しており、ビットコインの急騰につながっていた。テスラのウェブサイトにあったビットコイン専用サポートページでは、米本土でテスラが受け入れる唯一の仮想通貨と説明していた。

 シティグループの最近のリポートによると、ビットコイン採掘による電力消費は2015年後半の66倍に急増し、それに伴う二酸化炭素(CO2)排出が厳しい精査を受ける可能性が高いという。(ブルームバーグ Dana Hull、Dave Liedtka)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus