海外情勢

中国住宅、上昇都市横ばい

 中国国家統計局が17日発表した4月の新築住宅価格指数は、主要70都市のうち62都市で前月と比べ上昇した。上昇の都市数は前月から変わらなかった。伸びは一段落したが、不動産の過熱傾向が続いて高止まりしているとみられ、中国当局は抑制に向けた対策を急いでいる。

 首都北京市や上海市、広東省広州市など大都市は軒並み上昇した。下落や横ばいは地方都市に集中した。

 習近平指導部は「住宅は住むためのものであって投機対象ではない」と繰り返し強調。中国メディアによると、投資目的の購入を減らすために新たな課税策も検討されているという。

(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus