海外情勢

中国経済が不均衡な回復 4月、工業生産と投資堅調 個人消費は出遅れ

 中国経済の不均衡な持ち直しは4月も続いた。工業生産と投資は堅調な輸出と不動産市場の活況による後押しを受けたが、小売売上高の伸びは予想を大きく下回った。

 4月の工業生産は前年同月比9.8%増。市場予想中央値は10%増、3月は14.1%増だった。小売売上高は前年同月比17.7%増、予想は25%増加。3月は34.2%増だった。失業率は5.1%に低下した。

 1~4月の固定資産投資は前年同期比19.9%増。市場では20%増加と見込まれていた。

 世界的需要の牽引役

 4月の指標は中国経済が引き続き今年の目標である6%超の成長率を達成する軌道上にあり、世界的な商品需要の牽引(けんいん)役となるものの、中国当局が刺激策の縮小を探り、消費者の慎重姿勢も続く中で成長ペースが既に頭打ちとなった可能性があることを示した。

 ピンポイント・アセット・マネジメントの張智威チーフエコノミストは、経済成長が1~3月期(第1四半期)に前期比でピークを打った可能性があると分析。「今後数カ月で徐々に成長率が鈍化していくとわれわれは見込んでいる」と述べた。中国国内で新型コロナウイルス新規感染者が増えることになれば、当局は警戒せざるを得ず、金融引き締めは恐らく当面保留になりそうだという。

 HSBCホールティングスのアジア経済責任者フレデリック・ニューマン氏は、所得の伸びが弱く、中国家計部門の消費はまだ通常に戻っていないと分析。「家計部門が今後数カ月に支出を強めなければ、中国当局は成長率の急減速を防ぐため、抑制してきた流動性や投資支出の緩和を強いられるかもしれない」と語った。

 国内の弱さが足かせ

 バークレイズの中国担当チーフエコノミスト、常健氏はブルームバーグ・テレビで、「小売売上高が引き続き期待外れだった」と指摘。これは5月初旬の労働節連休に関するデータと整合的で、人々の旅行意欲はコロナ前の水準に戻ったものの、実際の支出はなお出遅れていたことを示唆していたと話した。

 国家統計局は声明で、中国経済が4月により確固とした基調で安定化する一方、コロナ禍やまだら模様の世界経済回復、国内経済の復調に向けた脆弱(ぜいじゃく)な基盤などが課題だと説明した。

 多くの国・地域での財政出動やワクチン接種加速によって中国の輸出は大幅に増えており、外需の持ち直しで工業生産は引き続き堅調だった。

 ブルームバーグ・エコノミクスのアジア担当チーフエコノミスト、舒暢氏は「中国経済の回復は少なくとも7~9月期に向けて続くと見込まれるが、国内の弱さが引き続き経済全般の足かせだ。競合する輸出国・地域がコロナ再拡大による問題に見舞われる中で、外需が今後も支援要因となりそうだ」と説明。

 「国内的には需要と規模の小さい民間企業が上向きで、回復の裾野は広がりつつあるが、消費の持ち直しはまだしっかりしておらず、散発的なコロナ感染拡大で生じる新たな妨げに対して脆弱な状態が続く」と同氏は述べた。(Bloomberg News)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus