国内

公明幹事長、ワクチンで苦言 自治体予約停止の動きめぐり

 公明党の石井啓一幹事長は15日の党会合で、新型コロナウイルスワクチンの供給量減少と自治体の予約停止の動きをめぐり、国の対応が遅れたとして苦言を呈した。「反省し、今後こういうことのないよう取り組んでほしい」と述べた。

 ワクチン供給に関し「急ブレーキがかかって混乱が生じている」と指摘。7月以降の供給量減少は「ずいぶん早くから分かっていたこと」として、早めに自治体へ具体的な情報を伝えるべきだったとした。

 さらに「(接種の加速に)突然ストップがかかり、はしごを外されたということが国民には非常に響いている」と懸念を示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus