国内

臨時国会召集、野党4党が憲法に基づき要求 召集期限の規定なし

 立憲民主、共産、国民民主、社民4党は16日午前、憲法53条に基づく臨時国会召集の要求書を大島理森衆院議長に提出した。東京五輪・パラリンピック期間中の新型コロナウイルス対策を国会で議論する必要があるとして、早期の召集を求めている。菅義偉(すが・よしひで)内閣は応じない構え。

 要求書は五輪に関し、「感染症対策には大きな不備があるとの指摘があり、重大な結果を招きかねない」と指摘。「国会を召集し、国民の英知を結集させるしかない」と強調した。

 提出に先立ち、4党首が会談して召集要求を決定した。次期衆院選に向けて国会で菅政権を追及したいという狙いもある。

 憲法53条は、衆参両院いずれかの総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は臨時国会の「召集を決定しなければならない」と定めている。ただ、召集期限の規定はない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus