国内

公明代表、臨時国会に否定的 「閉会中審査で議論可能」

 公明党の山口那津男代表は18日、金沢市での党会合で、新型コロナウイルス対応などを理由に野党が要求した臨時国会召集に否定的な認識を示した。「閉会中審査の場で議論することも可能だ。現に衆参両院で、与野党が活発に議論している」と述べた。併せて、政府は新型コロナ対策や、令和4年度予算案編成に向けた作業を優先すべきだとの考えを示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus