国内

共産が北海道4区に独自候補 立民・本多氏の「性交」発言受け

 共産党の小池晃書記局長は19日の記者会見で、次期衆院選で北海道4区の公認候補として、党小樽地区委員会副委員長の松井真美子氏(61)を擁立すると発表した。小池氏は「北海道4区の野党統一候補とするよう、各野党にも求めていきたい」とも述べた。

 共産は、同選挙区で立憲民主党の本多平直衆院議員を支援する方針だったが、本多氏が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言したことを受け、方針を転換した。

 立民は本多氏の党員資格停止処分を検討しており、正式に決まれば本多氏の公認が取り消される見通し。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus