国内

菅首相、WHO事務局長らと会談 五輪外交スタート

 菅義偉首相は22日、東京五輪の開幕にあわせて来日した各国首脳らとの五輪外交をスタートさせ、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長らと東京・元赤坂の迎賓館で相次ぎ会談した。同日夜には米国のジル・バイデン大統領夫人を夕食会に迎える予定だ。

 首相はテドロス氏との会談で、新型コロナウイルス禍での五輪開催について「世界が団結し、人類の努力と英知で難局を乗り越えていけることを日本から世界に発信したい」と表明。国内でのワクチン接種加速化に全力を挙げる方針や、諸外国への支援体制について説明した。WHO改革の議論に積極貢献する考えを伝え、新型コロナの起源調査が重要だとも指摘した。

 テドロス氏は大会開催に祝意を示し、世界のコロナ対策やワクチンに関する日本の貢献に謝意を表明。コロナ収束へ引き続き連携していく考えを示した。

 このほか首相は南スーダンのニャンデン副大統領、グランディ国連難民高等弁務官、モンゴルのオユーンエルデネ首相とそれぞれ会談した。一連の首脳外交は24日まで行われ、菅首相は2024年パリ五輪開催国・フランスのマクロン大統領らと会談する予定だ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus