国内

「勝利への執念感じた」首相が高藤選手に祝意

 菅義偉(すが・よしひで)首相は25日午前、東京五輪の柔道男子60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿選手に電話で祝意を伝え、「今回の金メダルに多くの子供や若者が夢や希望をもらった」と称賛した。高藤選手は「本当に頑張ってよかったと思いました」と語った。

 首相は24日の準決勝、決勝をテレビ観戦したと述べた上で「本当に粘り強い戦いで、勝利への強い執念を感じた」と述べた。また、「前回のリオの大会から5年間の努力を実らせての金メダルだった」とたたえると、高藤選手は「5年間、ちょっと長かったです」と語った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus