国内

官房長官、中国の調査拒否に「ウイルス起源の評価不可欠」

 加藤勝信官房長官は26日午前の記者会見で、新型コロナウイルスの起源を探るため世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が提案した追加調査を中国政府が拒否する意向を表明したことについて「将来のパンデミックを防ぐためには迅速で独立した専門家主導の、外部からの干渉を受けないウイルス起源の評価が不可欠と考えている」と述べた。

 加藤氏はまた、「今後のさらなる徹底した調査が新型コロナの発生源の解明につながることは重要であり、中国での再調査を含め科学的な観点から調査を行うことを重視している」と表明。その上で「米国を含む国際社会とも連携し、わが国として必要な対応をとっていきたい」と述べ、中国側に調査受け入れを働きかける考えを示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus