海外情勢

中国、米国務副長官に「中国を仮想敵に」と非難

 【北京=三塚聖平】中国天津を訪問している米国のシャーマン国務副長官は26日、中国外務省で米中関係を主管する謝鋒(しゃ・ほう)外務次官と会談した。中国メディアによると、謝氏は、現在の米中関係について「難局に陥っており、深刻な困難に直面している」と強調。その上で「根本原因は、米国の一部の人々が中国が『仮想敵』とみなしていることだ」と米側を非難した。

 シャーマン氏は25日に天津入りし、26日までの予定で謝氏のほか、王毅国務委員兼外相と歓談する予定。今年1月のバイデン米政権発足後、米国務省高官が訪中するのは初めてで、冷え込みが続く米中関係の打開につながるか注目されている。

 謝氏は会談で「中国は、米国との対等な待遇や、共通点を見つけ出し異なる点は残しておくことを望む」と強調した。中国側は「対等」な関係を強調しつつ、米中関係の改善を模索している。

 シャーマン氏の訪中では、米中首脳による直接会談に向けた環境整備が行われるかも焦点の一つだ。中国の習近平国家主席とバイデン大統領は10月にローマで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を視野に首脳会談の可能性を探っているとされており、シャーマン氏の訪中で調整が進められる可能性が指摘されている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus