海外情勢

香港政府、民主派議員49人の資格剥奪 忠誠認めず

 香港区議会(地方議会、定数479)の議員に義務付けられた香港への忠誠の宣誓式を受け、香港政府は21日までに、民主派議員49人の宣誓を無効と認定し、議員資格を剥奪した。

 宣誓式は、中国が求める「愛国者による香港統治」を進めるため、9月から地区ごとに4回に分けて実施。香港政府は21日に4回目の審査結果を発表し、資格剥奪対象の合計が49人となった。

 民主派は2019年の区議会選挙で圧勝し、定数の約8割となる390議席を占めていた。だが宣誓式を回避したいといった理由で事前に約260人が辞職しており、今回の資格剥奪を合わせると、300議席以上を失った。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus