働き方

最低賃金「現行水準」を要望、日商など 引き上げありき牽制

 日本商工会議所、全国商工会連合会(全国連)、全国中小企業団体中央会(全国中央会)の中小企業3団体は15日、最低賃金に関する要望書を取りまとめた。

 新型コロナウイルス禍で地域経済を取り巻く環境が厳しいことを踏まえ、現行水準の維持を求めた。要望書は今後、政府・与党などに提出する。

 日商の三村明夫会頭、全国連の森義久会長、全国中央会の平栄三副会長は15日、東京都内で共同会見し、菅義偉首相が3月22日の経済財政諮問会議で早期に最低賃金の全国平均1000円を目指すとした発言について、三村会頭は「最低賃金はあくまで労働者のセーフティーネット保障。政府方針に基づく引き上げありきの議論ではなく、多くの納得を得られるような水準にすべきだ」と述べた。

 

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus