ブランドウォッチング

松山英樹選手の歴史的快挙で味わう 「マスターズ」のプライスレス (1/3ページ)

秋月涼佑
秋月涼佑

 松山英樹選手のマスターズ・トーナメント優勝。

 歴史的快挙という言葉がこれほどしっくりくる偉業、実際にはそう多くないように思います。筆者は個人としても大のゴルフ好きですし、仕事柄も少なからず国内外プロゴルフ大会裏方にも関わってきましたが、正直なことを言えば本当に日本人がマスターズで勝つ日を生きている間に拝めるとは思っていませんでした。

 ほとんどの男女海外メジャー大会をテレビ観戦してきましたが、一昨年の渋野日向子選手全英オープン勝利の大金星を除いては、予選ラウンドで淡い期待をし、最終日で“よもや”とテンションが上がるも、結局海外メジャー大会の壁の高さと厚さを思い知らされる年月を重ねてきました。

 ですので、最後の18番ホール、普段なら簡単だろうパーパットが外れボギーパットがカップインするまで半信半疑だったのも、積年の期待値と悔しさのギャップから身を守る防衛本能だったかもしれません。優勝の瞬間、中嶋常幸さんら放送席が数十秒嗚咽をこらえきれずこれもまた歴史的な無音声の放送となったこともまったく腑に落ちる感動を共有しました。

 それほどにゴルフ世界最高峰のUSPGAツアーは、近年科学的トレーニングや計測機器を使った弾道分析などからのフィードバックも大きく、飛距離、精度の両面で究極化しており、前回優勝で世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンなど筋骨隆々の大男が周囲を萎えさせるような圧倒的なハイパワーと一方でセンチ単位の繊細さを駆使する異次元の世界になっていました。

 今回の快挙を何に例えるかでネット上盛り上がっていましたが、インパクトだけを言えば全盛期のマイク・タイソンに日本人がKO勝ちするぐらいの衝撃があったように思いますし、そんな舞台に松山選手が肉体改造を含めたストロングスタイルで真正面から挑んだことにも感動を禁じえない部分でした。(まだまだ話せ尽きませんので、よろしければ筆者個人サイトの関連記事もあわせてお読みください)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus